カリタスジャパン*石巻ベース

Archive for the ‘ボランティア’ Category

今日のボランティア

お湯出し:午前5名(朝ピーク7名)、午後7名

ガテン系:午前3名、午後6名

本日到着:6名

 

 

今日は曇り気味ですが、暑かったです。

わたしは一日お湯出しに参加です。学校も休みなので、午前中から子どもたちと遊びました。

今日はボランティアも一気に増えました。

8時頃には、東京から車で2人到着、夜中運転なさって来たそうです。おつかれさまです!もう少し後で埼玉からも1人到着、 10時頃にも親子で2人、午後にはもう1人いらしてました。

 

地元の若者たちのボランティアグループ「にじいろクレヨン」も、午前中から来て、子どもたちと絵を描いたりしていました。勉強を教える学生のボランティアも来ていて、小学生の子どもたちの中には午前中は教室で勉強をしている子もいました。

朝のピークを過ぎて、お昼過ぎまでは、カリタスのお湯出しチームはゆったりと、子どもと折り紙を折ったりして過ごしました。昨日来た大学生のえりなさんと自分も一緒にやりました。自分は鶴を折りましたが、「きたなーい」と子どもたちに笑われてしまいました>_<;

1時頃お昼休みをいただいて、2時頃戻ってみると、子どもたちも外に出てきていたので、いつものように鬼ごっこが始まりました!そこへ、以前にも来たという若い4、5人のお坊さんのグループがやってきて、一緒に鬼ごっこです。結構ガチです。小学生の子たち、頼むけんバリアはナシにしてくれ〜>_<

お坊さんたちは、バルーンパフォーマンスも持って来ていて、子どもたちは、細長い風船を編んでもらって、犬やネズミ、剣やハチマキなどを作ってもらって大喜びでした。自分は風船の剣を持った子どもたちと、またひたすら鬼ごっこです。

ツッチーと大学職員の杉ちゃんとえりなさん、今日到着のよしかさんはしっかりしておられたので、お湯出しの方はお任せして、自分は安心して子どもと遊べました〜>_< ありがとうございました!

4時半にはお湯出しチームも片付けて引き上げて行ったのですが、6時近くまで、子どもと遊ばせていただきました。

皆さんがベースに戻った後は、子どもと鉄棒で遊んでいましたが、そこは危ないからダメだと避難者のおぃちゃんから言われたので、最後は駆けっこや泥んこ遊びになりました^^;

子どもたちもご飯なのでそろそろ帰ろうということになり、みんなで手や足を洗っていた時に、わたしは今日が今回の最終日だったので、「もう、今日帰らんばいけんとよ。またね」と言うと、先ほどまで、きゃーきゃー言いながら泥だらけの足でわたしの背中を蹴り飛ばしていた子が、何も言わずに背中の泥をタオルで拭いてくれました。

子どもたちと別れるのは、なんとも言い難い思いがします。子どもたちも、表に出て来ない辛さや苦しさをいろいろ抱えているだろうと思います。この子たちはこの先どうなるんだろう、と案じずにはおれません。

子どもたちから「また来て!」と有難い言葉をもらいながら、後ろ髪引かれる思いで避難所を後にしました。

 

ガテン系組は、午前中に山形屋さんの醤油工場の泥出しがついに終了し、午後は個人宅の側溝の泥出しでした。

山形屋さんは、実に2週間以上に渡る大仕事でした。皆さん、特に、ガテン系リーダーとして数日前までずっと関わっていた横さん、おつかれさまでした!!

今日のガテン系チームが、工場の奥から発見されたという、段ボールに入ったまま津波をかぶったという缶コーヒーや、味噌を入れるバケツをお土産にもって帰ってきてくれました。コーヒーいただいてみましたが、ちゃんと飲めました!おいしかったです^^

個人宅の方では、泥の量はそれほどでもありませんでしたが、側溝のフタが重くて、持ち上げるのに骨が折れたという話でした。しかし、そこも6人で作業し、一日で終了したということです!おつかれさまです!

 

ここからは完全に私事ですが、今日でわたしは一旦東京へ戻ります。6日間、お世話になりました!

ベース長はまちゃん始め、川嶋さんファミリー、小林さん、おのさん、横さん、ふーちゃん、シスターボスコ、シスター金子、ツッチー、杉ちゃん、えりなさん、ナカムラさん、よしかさん、そして石巻のみなさん、ありがとうございました!!

きっとまた来るばぃ、石巻〜!

 

(ふとし)

今日のボランティア

お湯出し:4名(朝ピーク6名、午後1人帰って3名)

ガテン系:2名

到着:2名(今日は活動なし)

 

今日は、お湯出しに参加させていただきました。

朝、ある女性が、「市役所にアルバムを探しに行って来る」と言っていました。石巻市役所では、津波で流されたが発見された写真やアルバムを保管しているそうです。

洗濯場で、あるお母さんと少し話しました。洗剤は、避難所の本部から支給されるが、1世帯1本と決まっているそうで、足らない分はそれぞれの自分で手に入れるしかないそうです。子どもがいるその方の家庭では1本では足りず、月に2、3本は買い足すそうです。

また、午前中にある男性とも少し長く話しましたが、避難所生活も長引いており疲弊してきているせいか、苛立つ事もしばしば起こるようで、その方も、詳しいいきさつは分かりませんが、他の避難者の人から「おめぇなんかのいる場所はねぇ」などと言われて逆上し、つい相手の胸ぐらをつかんで周りの人から止められた、と話してくださいました。われわれと話している時は、本当に温和で優しい方です>_<;

そんなことを話していると、マイクロバスが到着し、にわかににぎやかになってきました。プロテスタント系の炊き出しチームです。Tシャツに”GT”とあるので、何ですかこれは?と聞いてみると、”Gospel Team”だそうです。

東京のインターナショナルスクールの学生やら、韓国やアメリカやニュージーランドから来た人たちで、ばりばり元気でした。ここひと月ほど、週1回くらい来るそうで、これはカトリックのグループですか?など色々と質問をうけ、ベース長とシスターがちゃんと答えていました。その中の1人で、品川から来たというアメリカ人の牧師さん(?)になぜか自分は妙に気に入られてしまいました〜^^;

その方達は、豚汁とご飯とを避難所の方々に振る舞った後(われわれもいただきました^^)、輪になってギターをかき鳴らしながら、いろいろなゴスペルを歌い始めました。そして、その輪の真ん中で、われらがベース長はまちゃんが、あれ?なんか始まった?といった表情で、居づらそうにしながら豚汁をすすっていました^o^さすがに途中で、テントの方へ脱出しましたけれど。

おばあちゃんや子どもたちも、歌詞はほとんど英語でしたが、一緒に手を叩いて楽しそうにしていました。

そしてお昼過ぎ、様々な面で大変お世話になったシスターボスコが、石巻を出発しました。バイタリティ溢れる活躍ぶりに、みんな元気をもらっていました。避難所のあるおぃちゃんも、シスターとの別れを惜しんでいました>_<

なんでも、数ヶ月後にはスーダンに行くとか。きっと地球のどこにいっても愛されると思います!ありがとう、シスターボスコ!

3時頃になって、朝「写真を探しに市役所に行く」とおっしゃった方が帰って来て、見つかったアルバムを見せてくださいました!

娘さんたちの七五三の写真など、ちゃんと見れる状態でした。その方は、避難所で一緒に生活している、今はもう22歳と高校生という2人の娘さんたちが仲良さそうに写っている写真をわたしたちに見せながら「この頃は可愛かったのよ〜」などと冗談混じりに話してくださいました。大切な思い出が戻ってきて、本当によかったです!!なんだか、すごく感謝したい気持ちでした。

 

ガテン系は、おのさんとたかやんでしたが、帰って来るなり、なぜか2人はカップルのようにうきうきしています。

今日は、ピースボートも来ていたので、われわれカリタスの雄2人は午後は洗い物を担当したそうです。「ふたりで水掛けっこをしていました!」と、なんだかとても楽しそうですね〜

山形屋さんはだいぶ片付いてきて、味噌樽などわれわれでは動かせないものだけになってきているので、作業はもうじき一旦終了となりそうです。

この2週間、炊事や洗濯など、ベース内でボランティアのお世話をしてくださったシスター金子を夕方石巻駅まで送りました。数日前の晩、聖堂の窓から横さんを脅かしたお茶目なシスターです。

いつもおいしい食事をありがとうございました!きっとまたどこかで会えると思います。

 

今日は新たに2人のボランティアさんが到着しました。大学生のえりなさんと、引率で大学の職員の杉ちゃんです。なんだか、一緒に来た時は親子のように見えました^^

明日も6人到着するとかで、土日はかなり人が増えそうです。にぎやかになりますね〜

 

(ふとし)

今日のボランティア

お湯出し:4名(朝ピーク6名)

ガテン系:2名

 

今朝9時頃、ひと月以上石巻ベースで活動したガテン系隊長、横さんと、材料から運んで来て避難所で総菜を提供してくださったふーちゃんとが石巻を出発しました。

おふたりとも、本当に熱い思いをもって、被災した方たちのために活動されていました。きっとまた石巻に来るのでしょう^^

 

今日は、自分はガテン系の方に参加しました。山形屋さんの真ん中の建物と、小さい部屋の泥出しをしました。

今日は2人だったので、2つのバケツに土嚢をかぶせて、それぞれそこに泥を詰めていきました。

真ん中部分の泥はまだ水分が多く、重油と味噌醤油が混じりあった臭いが漂います。

土嚢からも泥水が漏れ出ていましたが、とにかく詰めます。

ふと、横さんの後を引き継いだおの隊長が、お金の入った鞄を発見!ご主人に渡したところ、大変喜ばれたそうです。鞄はお父さんの物だったとか。きっと再起の助けになるでしょう^^よかったです。

山形屋さんは、初めてお会いした5月末頃に比べて、いえむしろ、この数日間でも、本当に表情が変わってきました。

昨日の試作品のインスタントみそ汁でもそうですが、業務再開へ向けて、着実に歩んでいらっしゃるようです。

 

夕食そしてミーティングの後、帰りのバスの予約をしていたシスターが、「パソコンでインターネットがつながらない〜」と困っていました。そこへたかやん登場!彼のパソコンのような携帯のおかげで、無事にバスの予約ができました^^

たかやんは頼りになりますな〜^o^

3月まで、どうか身体に気をつけて。明日もよろしくお願いします!!

 

(ふとし)

本日のボランティア

お湯出し:4名(朝ピーク7名)

ガテン系:3名

 

 

今日は、朝方曇っていましたが、だんだん晴れてきて、午後は暑いくらいでした!

わたしは今日は、昨日来たたかやん(広島)とツッチー(東京)とお湯出しに参加しました。

たかやんは来年3月までいるとか。すごかです>_<

 

朝、コーヒーを飲みながらあるおぃちゃんが船のことを話してくれました。津波が来ても、事前に沖に船を係留しておけば被害を受けないそうですが、今回は波が来るのが早かったからでしょうか、間に合わなかったということでした。

 

ピークを過ぎて、雑巾を洗いに行くと、帽子をかぶったおぃちゃんが、タオルを洗濯していました。丁度、今日が仮設入居の抽選日だったということで、まだ4割程度しか完成していないという仮設住宅の話になったのですが、抽選もなかなか当たらないそうで、おぃちゃんは「難しいねぇ。」と、苦笑しながらこぼされました。

 

11時頃から、今日はガテンの方に行かれたボランティアの方が準備してくださった大根のおでんと人参の煮物とを配りました。人参の煮物はあっという間になくなり、おでんの方は、「大根、大根」と言い過ぎたせいか、最初あまり人気がなかったのですが、食べた人からは大好評で、2時頃には完売しました(もちろんお金はとっておりません-.-)。

 

3時を過ぎると、子どもたちが学校を終えてテント前のピロティーに集まってきます。今日は、地元のボランティア団体「にじいろクレヨン」も来て、子どもたちと遊んでいました。わたしも一緒に遊んだのですが、小5の男の子がどこからともなく持ってきた黒いビニールのグローブをつけて、ボクシングごっこが始まり、だんだん鬼ごっこになりました>_<よく走りましたよ〜

他にも、シャボン玉を作っているボランティアの方たちがいて、教員のグループだということでした。子どもたちも大喜びでした!

その中に、自衛隊員だったが石巻で活動を続けるために辞めたという方がいました。すごい覚悟です。「けど、子どもと遊ぶのがこんなに大変とは思わんかった」ともおっしゃってました^^

 

午後ピーク&片付けの時は、ほとんど子どもと駆け回っていて、片付けをたかやん、ツッチー、シスターに丸投げでした。

すみません、ありがとうございます!

 

帰りがけ、よく見かける避難所で生活している金髪のお兄ちゃんたち(兄弟?)とアコギを弾いていたら、サッカー監督みたいなジャンパーを着たおばあちゃんが、「あたしゃエレキが好きだよ」と話してくれました>_< おばあちゃん、カッコよかです。

 

ガテン系組の皆さんは、山形屋商店に泥出しでした。広島の工場に委託したという試作品のインスタントみそ汁をいただいたそうです。味もおいしかったみたいです^^ 山形屋さんのご主人は、随分前向きになって来たようですね!

 

(ふとし)

本日のボランティア

お湯出し:4名(朝ピーク7名)

ガテン系:午前6名、午後3名

 

今日は朝曇っていて雨がぱらついていました。

風も冷たく、避難所の方とも寒いねぇ、と話していました。

本や野菜ジュース、下着などをブースに出していたのですが、本が雨で少しぬれてしまいました>_<

 

ガテン系は、山形醤油工場の泥出し&片付けです。

今日は一番大きな建物の方の泥出しでした。

午前中は、6人で手分けして、建物内での泥出し班と建物外での洗い物班とに分かれて作業しました。

建物内に散らかった、味噌釜のフタ、味噌の入ったバケツ、醤油のポリタンク、散乱したビン、木切れなどを片付けながら、泥をかき出していきます。

味噌・醤油工場なので、傷んだ味噌や重油などが混じったなんとも言えない匂いが漂っていました。

今日帰る予定だったある男性ボランティアの方は、半袖半ズボンという格好で、マスクも着けずに本当に一生懸命、瓦礫や泥の詰まった土嚢を次々と運び出してくださいました。

高圧洗浄機を使用してのバケツやポリタンクの洗浄も、2人の女性の方がしっかり洗ってくださいました。

雨がぱらつく中、今日午後飛行機で戻るという方に、「飛行機飛びますかね〜」「もう1日やりましょう!」などと、冗談を言っていたら、お昼頃には気持ちのいい青空が広がり始めました。

本日戻られる3人のボランティアの方を迎えに来たシスターに今日のガテン系メンバーみんな揃って写真を撮ってもらった後、3人を見送ってから、午後は残った3人でまだまだ続く泥出しです。

樽から醤油もしみ出していて水分を含んだ泥が多く、皆泥まみれになりながら、土嚢に詰め、運び出しました。少しずつでも様子が変わっていくと、ここも、なるだけ早く味噌や醤油の製造を再開できるといいなぁ、いう思いがふつふつ湧いてきます。

 

閑話休題。今日の晩の出来事です。

聖堂の開けっ放しの窓が風でガタガタッ、ガタガタッといっているのを見て、シスター金子が、「閉めなきゃ」と思って駆け寄ったところ、外に窓に手が伸びている。「泥棒かしら」と思ったシスターが、外をのぞいてみると、「ぎゃっ!!!!!」と叫び声が。シスターも驚いて「わっ!!!」泥棒かと思われたその人は、ボランティアの仲間でした>_<

食堂にいたわれわれは、最初その叫び声だけを聞いて、何事かと思いきや…シスターは大笑い。みんなも大笑いでした^^

 

お湯出しでの子どもたちのお菓子配りについては、これから始めてもいいよ、ということになりました!

それでは、また明日、がんばっぺ〜!

 

(ふとし)

 

 

 

 

 


今日のボランティア

お湯出し:4名

ガテン系:8名

 

 

☆今日から、試験的に、スケジュールを変更しています。

17:00 風呂出発

19:00 夕食

20:00 ミーティング

となっています。

 

(以下ミーティングより。本日わたしは活動に参加していないので、ミーティングで聞いた話をまとめてみました。)

お湯出しでは、季節が変わって来て、冷たいもののニーズが増えてきました。ポカリスエットや麦茶の需要は、今後ますます増えそうです。

あたたかい飲み物は、種類を徐々に減らしていってもいいかもしれません。そうすることで、自立しなければ、という気持ちになっていくかも。。。

お湯出しのブースにイスがあると、話していかれる方が多いようです。

物干竿の寄付があったそうですが、持って来られたとたんに、ちょうどそこに「あ、うちほしかったのよ」という方がいて、すぐにもって行かれてしまいました。

お菓子はあまり食べられないため、子どもたちはお茶漬けの素をお菓子代わりに食べたりしているようで、お菓子を配ることはできないかという意見が出ていました。

洗濯物が乾きにくい梅雨の季節になり、脱水機があれば、、という声も聞かれました。

仮設住宅に移る方もぼちぼち出て来ていますが、仮設に移った方たちの中には食料を始め品不足になる場合も多く、今後、この方たちへ物資を届けることも必要ではという話も出ています。仮設住宅で生活してらっしゃる石巻教会の信徒の方を通して、話を聞く予定です!

あるボランティアの方の提案で、今はポリタンクを運ぶのは力仕事ができる方に限られていますが、水をタンクにいっぱいにしなければ、力がない人でも運べるよ、とおっしゃられていました。その方は石巻中の方ともお話しされていて、何も分からない姿勢で、相手の話を聞いていたら、相手が喜んで輝いていていて、それに涙することがいいのではと感じたと語っておられました。

ガテン系組は、山形醤油工場の片付け、泥出しを行いました。今日は人数が多かったので、大分片付けが進みました!

山形屋さんでの作業は長期に渡っているため、ボランティア間での引き継ぎが重要です。

ガテン系隊長横澤さんは、そろそろ一度戻られるので、そのことを気にしています。

今日は全員で14名と、にぎやかな食卓でした〜。

今日も一日おつかれさまでした! 明日もよろしくお願いします!!

 

(ふとし)



ボランティア応募はこちら

    • 川原 克博: がんばれ石巻ベース!! 被災者の「隣人」となってください。 名古屋から応援しております。 元仙台サポセ
    • 浜口景子: 5日~9日までお世話になった,はまちゃんです。いろいろ感じる事や考える事の多い日々でした。スタッフの皆
    • cjishinomaki: ちなみにおっちーではございません。申し訳ありません。